The 迷子の極み (中村修人のブログ)

ボケ防止に駄文をこさえる。usual name,Twitter Account,火重-koe-所属 / Supersonal Records代表

近況報告&俺のソロ作「It's still creeping and ringing…」がHiss Noise Recordsさんからリリースされましたって話

f:id:nakamurasyuto:20180731124944j:plain

ソロ作、出ました

8月1日に俺のソロ作「It's still creeping and ringing」がリリースされました。
DLは有料で7$ですが、聴くだけなら無料なんでご安心を。
お世話になったのは二度目のHiss Noise Recordsさん。
その筋では有名なアーティストさんもリリースしていらっしゃる、硬派でコンセプチュアルなレーベルさんです。
前作同様、そこのオーナーである野口可典さんがジャケをデザインして下さいました。
Silent Wave名義で音楽活動もされていらっしゃいます。

さて、俺の作品の内容についてですが、まあ、需要の著しく低い奴ですよ。
ジャンルで言えばノイズとかドローンの括りでしょうな。
前作はリズムがあってループを軸に作ったけど、今作はずーっと基音が鳴ってて時々それが変化するって“だけ”が延々と続く二曲、共に10分超え。
ただの自己満足とは知りながら、心底カッコイイ!と思える“音”“エフェクト”“タイミング”を突き詰めまくりました。
ヘッドフォンで大音量でどうぞ。

この記事書きながら聴き返してるんだけど…たまらんな!俺はな!!
前作も貼っておきます。

俺的三種の神器「JMT SYNTH」「KAOSS PAD3」「Ableton live」の組み合わせで、俺がカッコイイ!と思えることは今作と前作で試し切った感があるので、次のソロを作る時は全然違うアプローチにしようと思っています。
ハードコアテクノでもやろうかな…とか。

近況報告

映画音楽のお仕事を頂けそうです。
取り敢えずは予告編用の短い楽曲を制作してみて、作品との相性が問題なさそうだと監督にご判断頂ければ本編も担当って流れです。
これを個人で受けるか、usual nameで受けるか、とても悩んでいます。

とあるご当地ヒーローのテーマ曲を制作補佐していまして、いよいよ完成間近です。
お話を頂いた当初はミックスだけの案件でしたが、しゃしゃり出まくった結果、コーラスもパーカッションも編曲協力も担当しちゃいましたゲッヘッへ。
無事に納品したらヒーローショーを観に行っちゃうぞ!
そのヒーローがこのテーマ曲にのってステージに登場する勇姿をこの眼に!
そして関係者ヅラして一緒に写真を撮るのさ!
そこまでが仕事さ!!(違う)

自分の所属しているバンドもチマチマと新曲作ったりMV撮ったりと、仕事に趣味にと忙しくしております…が!
最近デッカイ悩み事ができましてね。

以下、愚痴です

連絡業務がツラ過ぎて精神的にクタクタです。
多くの仕事を抱えれば抱えるほど、多くの人が関われば関わるほど、音楽を作っている時間もさることながら、クライアントや相方や協力者や関係者との連絡のやり取りが増えていくわけでして、それを捌き切れなくなっている自分が居ます。
そして、我々は音楽人なので、作曲したり演奏したりしない限りは報酬になりません。
つまり、一生懸命に連絡業務に勤しんでもビタイチもらえんのです。
それがホントにしんどくて…。

まあね、分かってるんですよ。
自営業なんだから自分でシステム変えちゃえばいいんだってことは。
やり取りの回数を短縮できるメールを作ればいいんだってことも。
でもさ、それもとっても難しいことなんですよ。
時間や経験や要領が必要なことなんですよ。
ゆっくりやっていこうと思います。
というわけで愚痴のコーナーでした。
最近、ラインやメールで疲弊することが多くて…ホントすいません。

横山慶太1stアルバム「風のうた」レコ発ワンマン@茂原Zig-Zag、無事終了&大成功!

終わった…

去る7月14日(土)、横山慶太のレコ発ワンマンが無事に終了しました。
満員御礼!CDも相当売れた!演奏も悪くない!会場の雰囲気も最高!
というわけで、これまでの人生でなかなかないくらいに成功しました。
※音源の詳細については下記の過去記事へどうぞ。

写真とか動画とか

f:id:nakamurasyuto:20180717173450j:plain
【L→R】
奥隆史(Guest Musician) / gt
横山慶太 / vo&gt
俺(from usual name) / per
加藤学(from usual name) / ba

終演後に横山&バンド隊でパシャリ。横山デケー。
当然と言うか何と言うか、バックバンドも音源で演奏した面々。
俺は会場の都合もありドラムでなくカホンで臨みました。
では、当日のセトリから横山の代表曲「そのままでいいから」をどうぞ。

音源版↓と比べると超早い。

 

今後の展開について

今現在CDは、横山のライブに直接出向くか、横山か俺に直接連絡して頂くかでしか入手できない状況ですが、その内web販売なども整えていくと思いますので、追ってお知らせさせて下さい。
とにかくワンマンに間に合わせようと必死にCD作っていたら、どうにも流通まで手が回らず…すんません!
あ、「我が魂」も公開してます。
熱い曲なんで是非。

 

振り返って

ほい、というわけで最良の形でひと段落、本当に良かった…。
企業案件が主なusual nameの活動としては異例なお仕事でしたが、“ソロアーティストのアルバム制作~ワンマンでのバックバンド”という機会を通して、また違った成長ができたかなと思っています。
こういうのも歓迎なので何でも俺らに声掛けてくれや。↓

会場の茂原Zig-Zagさん、すごく良いお店で居心地抜群でした。
皆様もお近くに行かれる際は是非に。

今回のアルバムとワンマンに関わって下さった全ての方々、お疲れ様でした、そしてありがとうございました!

あなたの今日の運勢は?PC専用クソ占いブラウザゲームサイト「Oh!ラクルちゃんの占いの館」でもっとハッピーに!もっとイケイケウハウハマーベラスに!!

f:id:nakamurasyuto:20171218144023j:plain
占いゲームサイトをね、作ったんです。
完成は今年の三月なんですが、いろいろあってまだそんなに宣伝してなくてですね。
頑張って作ったので広く皆様に遊んで頂きたくブログをしたためております。

あ、クソゲーです。ごめんなさい。
しかもPC専用なのでスマホじゃ入れません。重ね重ねごめんなさい。
じゃ、どうぞ。(BGM音量注意)

説明するほどもないメインメニューの使い方

・ラクルちゃんと話す
ここをクリックする度、ラクルちゃんがランダムに様々なことを話します。
占いについての豆知識やオススメ映画の話題が主です。(200種以上)

・占ってもらう
占いゲームに進みます。
簡素なミニゲームをクリアすることで今日の運勢を知ることができます。
ルーレットの針を赤い範囲で止めると大当たり特典がGETできます。(難易度別3種類)
各種運勢の他、様々な幸運を呼ぶ有益なアドバイスを得られます。

・???
占いを何度かやっていると画面下のメーターが満タンになり、変化してクリックできるようになります。
クリックしたらエンディングを観ることができます。
因みにメーターの蓄積量はPCに記憶されますので、一回の来場で必死に溜めなくても大丈夫です。

作ったのはサークル【デジパン】です。

・げっちゅー酸素濃奴
はい、私です。監督、テキスト、BGMを担当しました。
つまり、これがクソゲーになったのは俺のせいです。
ストーリーも音楽も趣味全開で作ったので超満足してます。

・うん丸ちん丸まん丸
古い友人なのですが、これに関わってしまったことを公表したくないとのことで名前は伏せます。
プログラム、デザイン、イラストを担当してくれました、と言うより担当させました。

何故こんなものを作ったのか?

数年前、俺とうん丸くんは暇でした。
寝るか酒を飲むばかりで、ただただ過ぎ行く休日をもっと有意義に過ごす必要があると我々は危機感を感じ、とにかくふたりで「脳を動かそう!」としてコレを企画しました。
しかし、制作に着手した途端にふたり揃って忙しくなり、今度は貴重な休日をこんなクソのために潰すという本末転倒な結果となり、完成には約三年を要したのでした。
真ん中の一年なんかほぼ何も進めてないしな。
この他、更に詳しく痛々しい制作秘話をお聞きになりたい異常な方は、HARD MODE特典の制作者コメンタリーをGETしてみよう!

ほい!じゃ、やってみて下さい!
っていうか音楽カッコ良くない?
BGMが欲しいって御方はEASY MODEの大当たり特典でGETできます。

usual nameでの大仕事、遂に完結。横山慶太1st Album「風のうた」発売開始とワンマンライブ決定!

出会い、別れ、そして再始動

横山慶太という男がおりましてな。
もう何年も前、俺と加藤が新松戸駅前で路上演奏していたら突然、
「僕、弾き語りしてるんですけどバックミュージシャンやってくれませんか?」
って声掛けてきたんですよ。
で、俺と加藤は「あ、いいっすよ。」つって。

それからしばらく一緒に活動してたんですけど、
横山の私的な問題が山積みになっちゃって、彼は音楽活動を休止。
もう会うこともないんかな~なんて思ってたら今年頭に突然、
「また音楽やりたいんだけどもう一度手伝ってくれる?」
ってFacebookでメッセージとばしてきたんですよ。
で、俺と加藤は「あ、いいっすよ。」つって。

そんなこんなでusual nameはここ数ヶ月間、
横山慶太のアルバム作りにガッツリ関わっておりましたとさ。
具体的に何をやったのかと言うと、編曲、演奏、録音、タスク管理、日程調整です。
うん、大変でしたよ、本当に。死ぬかと思ったもん。
他の案件もこなしながらだったし、いやぁ忙しかったな。

アルバム、できました

f:id:nakamurasyuto:20180625231739j:plain
というわけで横山慶太1st Album「風のうた」完成です。
発注も終わってるので、後は完成した在庫CDが届くのを待つばかり。
【Credit】
横山慶太 / words,music,vocal,acoustic guitar
usual name / arrange,recording
奥隆史 / electric & acoustic guitar
加藤学(usual name) / electric bass,acoustic guitar
中村修人(usual name) / drum,percussion
ツカーサ / electric guitar
noine / mix,mastering
江下碧 / design,photograph
cureseven / model

上記の皆様、大変お疲れ様でした。
どなた様も素晴らしいお仕事、流石の一言でございます。

今のところは、ライブ会場でのCD販売(価格未定,1500~2000円を予定)のみですが、その内に配信等々いろいろ広げていくことでしょう。

メインギタリストは長年の戦友である奥隆史を招致、アコギにエレキに弾きまくって頂きました。
また、ゲストギタリストとして一曲のみ、何かと一緒に仕事するツカーサを。
音質に関しては、こちらも音楽仕事仲間のnoineさんに全幅の信頼で丸投げ。
アートワークは江下碧さんという写真家さんにご依頼させて頂きました。
モデルはcuresevenさん。様々な方面で活動されている御方です。

二曲だけ公開中!どうせなら聴いてって

で、収録された六曲の中から二曲だけお借りしてきましたんで貼っておきます。
軽快なメッセージソング「そのままでいいから」。
そして収録曲中、最もロックな「我が魂」です。


いかがですか。
普段、あんなことこんなことを嬉々としてやっている俺ですが、ちゃんと普通に仕事できてると思いませんか?

7月14日は発売開始記念ワンマン!

発売開始となる7月14日(土)は茂原zig-zagにてワンマンLIVEを開催。
俺、加藤、奥もバックメンバーとして参加します。
アルバム収録曲はもちろん、カバーもやる予定。
【詳細】
日程…7月14日(土)
料金…2000円(1drink付き)
時間…開場18:00 / 開始19:30 / 終了21:00
会場…茂原zig-zag
https://mobara-chosei.mypl.net/shop/00000344412/
f:id:nakamurasyuto:20180613114905j:plain
アルバム、無事に完成しそうでホッとしたよ。
ホッとし過ぎて、今ちょっと具合悪いもん。

あ、全く横山本人について触れてないな…。
まあね、上の画像の通り、長身細身且つテニスで鍛えた無駄のない筋肉をまとった俗にいうイケメンっていうヤツですよ。
歌も上手くて、性格も悪いってほど悪くありません。
うん、そんな感じ。

【久々更新】伊勢丹、どうよう水産、アルバム&ワンマン、ご当地ヒーロー…なんだかカオスな近況報告

俺のブログの数少ない読者の皆様、お久し振りです&いつもお読み下さり誠にありがとうございます。
ここのところ、ブログの更新どころではありませんでした。
いろいろやってる中で、いろいろありましてね。
空白の期間に何をしていたのかダイジェストでどうぞ。

その一「伊勢丹でのお仕事」

usual namenoineさんで洋服展示用ディスプレイから流れるBGMを制作。
ディレクターはBoogie Graphixの高松憲司さん。
常日頃からお世話になっている御両名様でございます。
その成果を拝むため新宿伊勢丹本館へ、usualの加藤とnoineさんと共に。
なお、ディスプレイの展示期間は既に終了していますのでご注意を。
f:id:nakamurasyuto:20180612193243j:plain
f:id:nakamurasyuto:20180612193147j:plain
写っているのは赤リュックが加藤、オレンジがnoine氏。
完成したものをこの目で見ないと仕事終わった気がしない性分なので、ディスプレイの前で「あ、本当に流れてる…」と確認できた時は心底ホッしましたとさ。
関係者方々、誠にありがとうございました。お疲れ様でした。
この後、打ち上げだ~!と調子にのって美味いもの食って美味い酒飲んでカネが吹き飛んじまった。
※仕事の詳細は下記記事にございます。

その二「(劇)どうよう水産さんとのお仕事」

演出家の道用具視が率いる下町人情喜劇団、それが(劇)どうよう水産
usual name劇団テーマ曲と第三回公演に使用される全てのBGMを制作しました。
作曲は加藤が、俺はミックスとマスタリングと音源編集を担当。
そのテーマ曲にてVocalを担当したツカーサと共に、公演初日の6月7日観劇。f:id:nakamurasyuto:20180612200420j:plain
内部は撮影禁止ってことだったんで入り口をパシャリ。
内容についてですが…いやー良かった、ホントに良かった。
今まで芝居に関わるとろくな目にあわなかったんだけど、今回のは良かった。
演技もテンポも伏線回収も、何より音響照明がすごく良かった。正に職人技。
我々の音楽もちゃんと仕事してました。客席も満員でした。
劇団の皆様、お疲れ様でした。
終演後に音響さんへ「しっかり楽曲を活かして下さってありがとうございます。」とお伝えしたら「どの曲もまとまっていて使い易かったです。」と仰って頂き嬉しかった。
楽曲自体についても、俺と加藤で「本当にこんな曲でフィットするのか?」って眠れないくらい心配してたんだけど、道用さんが「大丈夫です!最高です!」っていうんで本番観たら、本当にハマッてて驚いた。
流石は我らが道用。
※仕事の詳細は下記記事にございます。

その三「横山慶太のアルバム制作とワンマンLIVE」

随分と昔、usual nameがバックを務めていた弾き語りミュージシャンの横山慶太。
ある時、先方がプライベートな事情で音楽活動を休止。
それ以降なんの連絡もない…と思っていたら突然のメール。
横「活動再開するからまた一緒にやってくれ!アルバムも作りたい!」
俺「いいよ!おカネくれ!」
ってことで早速、今後の活動スケジュールを組み動き出した我々。
つい先日、何とか音源制作を終え、一ヵ月後にレコ発ワンマン。
編曲、録音、連絡、演奏、折衷、指示、とにかく大変でした。
時間もホントにギリッギリで、酒を飲むために俺の家に来ていたツカーサにすら「今からギター弾いてくれ!」と頼むくらい切迫しておりました。
また長年の友人である奥隆史は「一時間だけ空いた!」と言って録音に急遽駆け付けてくれ、本当に一時間でOKテイク録ってトンボがえり。
ありがとう…ありがとう…おかげで完成できそうだよ。
んで、その音源の発売記念ライブは茂原zig-zagってところで開催。
もちろん俺も加藤も奥隆史もバックバンドとして出演します。f:id:nakamurasyuto:20180613114905j:plain

上の画像で分かる通り、横山は長身の爽やか系イケメンだ。そして声もいい。
何が“天は二物を与えず”だ。誰だよ、適当なこと言ったヤツ…。

アルバムが無事に発売されたら改めていろいろ書きます。
演奏班以外にも多くの方々に関わって頂いたのでちゃんと広めたいですしね。

その四「歌録りとミックスのお仕事」

ご当地ヒーローの主題歌を含む数曲の面倒を見ている最中です。
しかしまあ、演奏でも作曲でもなくミックスの仕事を頂けるようになるとはね…。
元はと言えば自分の曲をリリースしようって時に、プロに頼みたかったんだけど、どうしても予算が捻出できないので仕方なく自分で始めた作業だったんですが、今となってみればそれはそれで良かったなと。
俺のミックスしたこの曲をバックにご当地ヒーローが何やかんやしてるところ、早く観てーなー…超楽しそう。

その五「自分のバンドの活動」

火重-koe-は新曲のレコーディングを終えたので近い内に発表する予定。
Twitter Accountは新作を鋭意制作中。
んで、6月21日に阿佐ヶ谷“天”でライブします。
知る人ぞ知る豪華な面子。なんだか恐縮。
更に恐縮なことに俺らの出番はまさかのトリ前で21:45~22:15。
恐縮してないで全力でギャーギャーしてきます。f:id:nakamurasyuto:20180613123111j:plain

他にもいろいろありましたが、大体こんな感じ。
あ、そう言えば8月1日にはHiss Noise Recordsからソロ作が出ますね。
またバッキバキのノイズです。

usual name、再びの新宿伊勢丹!高松憲司さん(Boogie Graphix)とnoineさん(on sunday recordings)と共に。展示期間は5月15日~5月29日

usual name、仕事しました

大変ありがたいことに再び新宿伊勢丹にてお仕事をば。
黒い花屋」でも大変お世話になっている高松憲司Art Directorの下で、
こちらも「Best Works-甘口-」などで大変お世話になっているnoine氏と共にBGM制作提供させて頂きました。
展示用大型スクリーンからうっすらと流れています。
テーマはズバリ、心地良い「初夏の風」。
ええ、バッチリ容姿に反して爽やかに仕上げてやりましたよ。

詳細とクレジット

監督…高松憲司 from Boogie Graphix
音楽…usual name(WEST側) , noine from on sunday recordings(EAST側)
期間…5月15日(火)~5月29日(火)
会場…新宿伊勢丹本館3F , 中央エレベーターを挟んでの二箇所

動画もあります

WEST / Music by usual name
EAST / Music by noine

よもやま話

最初はusual nameとnoineさんとでコラボした1曲のみを提出する予定でしたが、取り敢えず双方独自にdemoを作って高松さんに聴いて頂いたところ「両方とも良いのでコーナー別に採用します。」という嬉しいご判断!
“コラボ”の予定が“分業”になり、後は各々でdemoをブラッシュアップし無事完了致しました。

来週にでもnoine氏と共に直接会場に行って来ようかと。
やっぱり関わったお仕事を生で観ると感動するからねぇ…。

【楽曲公開】usual nameが(劇)どうよう水産のテーマ曲と劇中BGMを担当!第三回公演「畑にハマグリ」は6月7日スタート!

久し振りに劇団さんのお仕事

usual name(劇)どうよう水産様のテーマ曲と第三回公演「畑にハマグリ」の劇中全BGMを担当させて頂きました。
公演は6月7日(木)~6月11日(月)の五日間、渋谷区にある参宮橋シアタートランスミッションにて行われます。
更なる詳細は下の画像をご参照下さい。

f:id:nakamurasyuto:20180510203547j:plain

f:id:nakamurasyuto:20180510203551j:plain

(劇)どうよう水産とは?

2015年2月が初回公演、魚に関する諺や雑学を取り入れた人情喜劇を得意としていらっしゃいます。
(劇)どうよう水産homepageリンク

劇団の主宰者であり演出家でもあらせられる道用具視(どうようともよし)さんとひょんなことから知り合って間も無く「劇団のテーマ曲作って!」とオーダーを頂き、それから間も無く「テーマ曲が良かったからBGMも作って!!」と更なるオーダーを頂き、嬉しい悲鳴を上げつつ〆切りと戦い、つい数日前にその作業を終えました。

私は作詞、編曲、ミックスを担当した一方、相方の加藤学がフル回転し劇団テーマ曲とBGMの全てを作曲。
いやー、働いたね。

テーマ曲お披露目タイム

普段のusual nameからは遠くかけ離れた楽曲に驚嘆するがいい。

※劇団様側から正式に公開されるまでの間、許可を得た上で当方のsoundcloudにアップさせて頂きました。

【歌詞】
朝からダルい / でも今日も一日仕事するぞ
帰ったら風呂と上手い飯と酒が待ってるぜ
世知辛い世の中だぜホント / 心に雨
漁夫の利よりも、いつかきっとコイの滝登り
どうよ?調子どうよ?
海老でタイ釣る美味い話はないけれど
どうよ?絶好調よ!
腐っても鯛、とどのつまりはおめでたい!
ああ、人情喜劇 / どうよう水産
-----
大きな声で / 笑って泣いて / それで儲けもの
お隣さんも 次のお隣も 困った時は
お互い様だよ / だってひとりは さみしいじゃない / そうだろう?
-----
今日も今日とて魚の話を
役に立つかは知らないが
コイが踊ればドジョウも踊るさ
同じ阿呆ならなんとやら
-----
どうよ?調子どうよ?
魚心とね / 水心でね / 鱈腹食おう
どうよ?今日も大漁よ!
いつもいつでも / あなたのそばに / いかがでしょう?
ああ、僕ら前劇 / そうよ / どうよう水産

【クレジット】
中村修人 : 作詞,編曲
加藤学 : 作曲,ベース
道用具視 : 制作総指揮
ツカーサ : 歌
奥隆史 : アコースティックギター
(劇)どうよう水産の皆様 : コーラス,手拍子

いかがでしょう?

魚介推しの劇団さんなので当然歌詞もそのようになってございます。
加えて、下町人情喜劇ということで連帯感や活気を感じられるようにも配慮。
また、その点を補強するために稽古場にお邪魔して劇団員の皆様のコーラスと手拍子を録音させて頂き、大いに活用致しました。
皆様、ご協力ありがとうございました。

ゲストのツカーサと奥くんも素晴らしい仕事をありがとう。
歌の練習の時にふざけてTUBEの前田亘輝五木ひろしのモノマネ版も収録したのはここだけの話。

道用さんには劇中BGMも含めガッツリ監督して頂き、レコーディングやミックスにも立ち会うその熱心さと、独特なユーモアに感化されながらの楽しい作業となりました。
ツカーサの歌を録る時や編曲作業の時に「音楽の人ってすげーなぁ…」って呟いていたのが妙に印象に残ってます。
あと「お寿司で何が好きですか?」と聞かれたので、俺が正直に「えんがわとサーモンです」って答えたら「へっ、ガキだなぁ」って言われたの、一生怨むからな。

ご一緒しませんか

我々は初日の6月7日に突撃する予定です。皆様も是非。
私、本番で自分達が関わった楽曲が流れた時によぎる「ああ、仕事したなぁ…」という安堵感の中毒患者ですので、今から楽しみで仕方がないゾ。
(劇)どうよう水産homepageリンク