The 迷子の極み (中村修人のブログ)

ボケ防止に駄文をこさえる。usual name名義で音楽活動中 / Supersonal Recordsの代表

一ヶ月半bandcampを活用した所感と友人がレビューを書いてくれて嬉しいという話

f:id:nakamurasyuto:20200806163900p:plain

【bandcampやってます】

自身のbandcampを本格的に運営するようになって約一ヶ月半が経ちました。
脳内整理のために所感をつらつら書きます。
あくまで現在の所感なので後々変わることは大いにあり得ますが。

と、本題の前に今までの購入者の皆様に御礼をば。
ご購入下さった皆様、誠にありがとうございます。
心から感謝しております。
毎晩、皆様の御多幸をお祈り申し上げております。

nakamurasyuto.bandcamp.com

・オープン当時に書いたブログ

 

【bandcampの長所短所】

・長所
サブスクリプションと比較して圧倒的に利益率が高いのがDL販売の良い点ですよね。
一般性の薄い音楽やってて且つ有名でもないとあれば、サブスクでは100円稼ぐのもしんどいところ、コアなリスナーがひとりでも1000円出して下さればサブスク何再生分になることやら。
まあ、手数料やら何やら引かれて振り込まれる頃には700円くらいになってしまいますけど。

・短所
楽曲を単体でアップするんじゃなく、しっかりバッチリ完成したアルバムをアップしないといけない感じ、ありません?俺はあります。
いや、楽曲単位でのアップもいいんでしょうが、やはりこのページデザインや金銭に直結するページだと思うと、デモやら音質グズグズのライブ音源やらただただ不毛に続くインプロやら「これでカネを取ろうってのか?」というクオリティの音源はアップしたくない。
何らかの狙いがない限りは無料公開もしたくない。
よって更新が非常に難しく、そこはSoundcloudとは真逆ですね。
あとは支払方法のハードルが高く、そのせいで購入に至らない人が多い印象。
めっちゃ残念。

・因みに
サブスクとbandcampの両方をやるってのは、購入して下さった御方に申し訳ない半分、こちとら個人なので管理しないといけないアカウントが増えるのは面倒なのが半分ですね。
Beatportに関しては勉強不足のため触れません。

まあ、こんなところです。
当たり前のことしか書いてなくてすみません。
bandcampさんとは今後も上手にお付き合いしていきたいですね。

【自作のランキング】

売上と再生数を併せて適当にまとめると本日現在下記のようになります。
・一位「Crack / usual name」7曲¥500
・二位「Radiorganizaion / Nakamura Syuto ft. Naoe Miki」6曲¥500
・同率二位「ANT / ANT_Tokyo」5曲¥1000
・次点「Best Works 3 GEKIKARA!!! / usual name」9曲¥500
旧作で一番人気が一番アングラなGEKIKARA!!!という点がね、なんとも。


【友人がレビューを書いて下さった】

大変嬉しいことに、長い付き合いになる友人の二人が自発的にレビューを書いてFacebookに投稿して下さったんです。
許可を得てここに貼らせて頂きました。
こういうの嬉しいよな…。

Radiorganizaion / Nakamura Syuto ft. Naoe Miki」著者:A氏
友人がアルバムをリリースしたので、たまには身近な人間の作品について書いてみようかと思う。
今回紹介するのは中村修人さんの『Radiorganization』という作品だ。
本作は短波ラジオ奏者である直江実樹さんとの共作となっており、直江さんの演奏したラジオサウンドを中村さんが編集して曲にする、という制作手法がとられたようだ。

いわゆるノイズと呼ばれる音楽に類するサウンドなので聴きやすさなどとは縁遠いが、このような音楽性だからこそ『Radiorganization』には「ラジオからこんな音楽が作れるのか!」という驚きに満ちている。
人によってはこれがラジオの音だとは判別できないかもしれない。それくらいにレンジの広い音がこの作品では鳴っているのだ。

あるいは「ラジオなんだから色んな音が出るに決まってる」という声もあるかもしれない。
一聴してもらうとすぐに分かると思うのだが、ここでいう[短波ラジオ]が出す[レンジの広い音]というものは、言葉とは裏腹のかたよった音色のことを指しており、短波ラジオが持つ独特のザラついた質感のノイズと、チャンネルを探す時の奇妙な発振音、またはラジオの電波とは無関係な物理スイッチを切り替えた際のポップ音、それらが混然となって生まれる独自のテクスチャーのことである。
決して放送局から受信した音をラジオから垂れ流している訳ではない。

俺がこの作品を聴いて思い出したのはsalyu × salyuの『s(o)un(d)beams』だった。
『s(o)un(d)beams』は歌手のSalyuCorneliusこと小山田圭吾が共同プロデュースして出来た作品という体にはなっているものの、実のところ小山田が偏執的にSalyuの声を「素材として」扱った作品だと俺は理解していて、その関係性が今回の中村さんと直江さんの関係性と重なるなと感じたのだ。
音楽性こそ全く似ていないが、一人のアーティストを「素材として」料理した両作品はどこか同じ性格を帯びているように思う。
少なくともどちらも異様なストイックさがにじみ出ていて、そのストイックさの正体は徹底してコンセプトに忠実であることなんだろう。

本作で中村さんは『Beat'n'Radio』なるジャンルを提唱しており、半分冗談なのかもしれないが、もう半分は本気なんだろうなと思わせられるくらいに『Radiorganization』は独自性をもったアルバムに仕上がっている。
これを単純にインダストリアルともアンビエントともドローンとも言い切れないのは、それがどうあがいても短波ラジオ(あるいは直江さんの)の音でしかあり得ないからだ。
アスファルトを使って研いだようなラジオのノイズ。それらを切り貼りして生まれたのは絶妙なリズムの反復である。
反復とはあまりにも単純であるがゆえに使い方次第では非常に強力なシステムとなる力を持っていて、しかしだからこそ使いこなすのが難しくもあるのだが、そこはドラマーとしても実力者である中村さんのセンスが存分に発揮されてると言っていいだろう。
そして、洗練された反復のことを『Beat』と呼ぶのである。

普段アバンギャルドな音楽を聴かない人にこそ、こんな面白い音もあるよと薦めたくなる作品だ。


ANT / ANT_Tokyo」著者:T氏
知り合いだからという訳ではなく、格好良かったので、勝手に全曲解説します。
バンドっていいな、と久々に思いました。
あと、羨ましいなと。
サポートメンバーでライブに出たい。

1. Are you free : 最後のニュースをポストロックにしたらこんな仕上がりかも?サビのアンサンブルと音の配置が美しく、多幸感あふれるオープニングトラック。

2. Voodoo : 実はこのアルバムの中で一番重要な曲では?この曲のタメがあって、次の零-gravityが炸裂できる訳ですし、作品の深みや広がりはこういう特殊な曲無しには出せないものです。

3. 零-gravity : なんだこのリフは!?もう心躍るリフなんてこの世に無いと思ってました。ここにありました。展開もリフに負けずテンション高く、まさにこのアルバムの顔!

4. ラブミーテンダー : 楽器は木の鳴りだ原音だのと言っていても、結局ブリブリに歪んだ音にはやられてしまうもので、、この曲の、周囲をなぎ倒して突き進むような勢いは超爽快。スピリット的にパンクを感じさせながら、繊細なアレンジがされており、聴きどころ満載!ライブで是非聴きたい。

5. 深海艇ラゴン : アルバムのラストにふさわしい大作。構成にもエフェクトでの彩りにも無駄なく、さながら物語が展開していくよう。中盤の、叫びのような、のたうち回るような轟音ギターソロ、シビれます。こういう非音楽的要素を音楽的に組み込むのは一朝一夕に出来るものでなく、この曲からメンバーの多様なバックグラウンドと経験の厚みを感じます。

御二人とも本当にありがとう。
今度何か奢るわ。

ANT_Tokyoの1st album「ANT」発売開始。

f:id:nakamurasyuto:20200729173255j:plain

nakamurasyuto.bandcamp.com

7月31日「ANT」リリース!

「ANT_Tokyo」の記念すべき1st album「ANT」、やっと…やっと完成しました!
1000円5曲入り、現在サブスクの予定はなく俺のbandcampのみでのリリースです。

ANT_Tokyoとは秘密列車の青木雄介さん(Vo,Gt)と高松憲司さん(Gt)と今年頭に結成したスリーピースバンドです。
結成の経緯などは下記の過去記事へどうぞ。

 

制作はリモートで

流行病のせいで外出が難しいため、制作は主にweb上で行いました。
曲の骨子くらいはパンデミック前からあったので、それに対し「こんなフレーズなら合うんじゃない?」という素材を各々持ち寄り、青木さん高松さんの指示を受けながら俺が組み上げていく感じ。

この制作方法はusual nameで慣れ親しんでいるので割りと順調に進んでいきました。
スタジオで皆で作業するのって、進む時は個別作業の何倍もガッツリ進むのに、進まない時って本当に今日何しに集まったんだってなる上に場所代まで出ていく一種のギャンブルですからね。
まあ、どっちが効率的なのかはバンド各々違うでしょうけど。

「ラブミーテンダー」は青木さんと高松さんの間で一切打ち合わせせず、各々好きにギター素材を送って頂いて、俺がどうにか組み立てるという大喜利的な制作方法で作ろうと提案しました。
後々に何故あんなことを言ったのかと後悔に打ちひしがれましたが、完成版を聴いたお二人と友人達に褒めて頂けた時は心底嬉しかったです。

ミックスとマスタリングも俺が担当しました。
本来ならアンプとマイクで録りたかったけどそうも言ってられないこの状況。
何とかインターフェース直録りの音に臨場感を与えられるよう死ぬ気でやったら死にました。
しかし、こちらもメンバーや友人に好評だったため生き返りました。
生ドラムは全部4チャンネルでしか録ってないというのが秘かな自慢です。

大問題発生

しかしこの収録曲たち、どうやってライブ演奏したらいいんだろうか…。
制作初期こそある程度考慮しつつ編曲してたはずなんですけど、知らず知らずにリミッターがイカレてしまいましたね。
ガッツリ機材揃えてしっかり工夫して演奏したとしても絶対に三人じゃ再現できん。
このダイナミズムを殺さないよう生バンドバージョンに再編曲するのがアルバム制作と同じかそれ以上難しそうでガクブル中。
まあ、こんな情勢なのでライブの予定は今のところ立てようもありませんが、世間が落ち着いたらやってみたいですね。

創作は一休み

んで、年内は自分の創作発表は取りあえず終了かな、と。
作るとしても気楽にできる方向性のヤツ限定で。
一気にアウトプットし過ぎた感がありまして、休憩しつつ新しい感覚をまたインプットしていくつもりです。

お仕事として関わっている作品はまだ数作リリースされると思いますんで、俺の過去作と併せてそちらもよろしくお願い致します。

じゃ、「ANT」聴いてやって下さいね。
よろしゅう。

youtu.be

nakamurasyuto.bandcamp.com

近況と最近よく聴いてる10曲(2020年7月)

f:id:nakamurasyuto:20200730171044j:plain

【洗濯機、壊れる】

直すか新しく買うかで悩んだ結果、後者に決定。
痛い…痛過ぎる出費だが仕方ない。
今までのが安くてイマイチなヤツだったので、どうせなら良いヤツに買い替えて節水による水道代低下や時短に期待。
しかし、まあよくもこの時期に壊れてくれやがったな。
一生このメーカーを恨んでやる。

【bandcamp頑張ってます】

本格的に運営するようになって一ヶ月以上が経ったbandcamp。
思っていたより聴いて頂けているし、思っていたよりもご購入頂いています。
本当に本当にありがとうございます。

個人的にサブスクは嫌い。
還元率が低過ぎる。
ちゃんと“自分とお客様とお金”が近いbandcampの居心地最高。
因みに最も人気なのは「Crack」、次点が「Radiorganization」です。
…何か買って頂けませんかね。
実質、洗濯機代のクラウドファンディングなので助けると思ってどうかひとつ。
ああ、そうそう。
近い内にANTの1stアルバム出しますよ。


【シン・オカダさんのアルバムが出ました】

その名も「コンプレックスのたかまり」、タイトル同様にあおやぎりこさん作のジャケも凄く良い。
私の友人は試聴後「黒歴史ノートを開いた時のざわざわ感があるアルバム」と報告してきました。
めっちゃ分かる。

俺はMixとMastering、加えて楽曲提供らしきこともさせて頂きました。
音質面では、楽曲の良さを引き立てつつどこか素人臭く腑に落ちないニュアンスをぶち込みました。
「Super Junk Curry」は「usual name / Oh crap」収録の別バージョン。
「Nothing to Say」は元々Twitter Account用の楽曲でしたがいろいろあってオカダさん用になりました。
アルバム三曲目だというのにクッソ長いリバーブのせいで一向に次の曲に進まない「Nakatayasutaka No Moto」、音質最悪な「Nama hamu Tabetai」、歌ってる最中に笑ってしまっている「Washidukami No Uta」、どうしてこのアルバムに入ってるのか理解に苦しむ「Haisen Jigoku」「Than X」などとにかく奇怪な作品、是非。
・オカダさんのブログとトレーラー



【一生で一番長い九分がFilmarks掲載】

菱沼康介監督作、私がusual name名義で音楽を担当した短編映画です。
この度めでたく映画評価サイトFilmarksに掲載され、レビューが投稿されています。

音楽に関してもちょこちょこ言及されていまして、概ね好評の様子。
全編パーカッションのみという方向性は監督のご指示でしたので、その判断は正しかったことの証明ですな。
・予告編



【最近よく聴いてる10曲】

短波ラジオ奏者、直江実樹さんとのコラボ作「Radiorganization」リリース!

f:id:nakamurasyuto:20200721222027p:plain

私が最も尊敬する即興演奏者、直江実樹さんとの共作をリリースしました。
タイトルは「Radiorganization」、価格は500円。
私のbandcampのみの販売でサブスクの予定はありません。
収録楽曲はどれも超シンプル構造。
硬派でディープな全6曲でございます。

https://nakamurasyuto.bandcamp.com/album/radiorganization


直江さんは短波ラジオ奏者という稀有な御方。
しかし“珍しさ”という安易なコンテンツに決して寄り掛からない強固な音楽的感覚から奏でられるその演奏は、言葉では言い尽くせない魅力と説得力に溢れています。
ということで観れ。↓



動画のように直江さんのラジオの音そのものが最高にカッコ良いので、収録曲はそこに没頭して頂くため装飾や展開は必要最低限か、もしくはそれ以下。
ラジオって物凄くいろんな音が出せるんだという新鮮な驚きと、楽器としての凄みにも感動して頂けると思います。
私は本作を以ってBeat'n'Radioという新ジャンルを提唱したい考えであります。

アルバム制作の経緯ですが、とある切っ掛けから直江さんの30分もの未発表ソロ演奏音源を素材として頂くことができまして。
他でもない直江さんから頂いた素材…さてどう料理するのが最良であろうかと数ヶ月悩み通した結果、このようになりました。
その、とある切っ掛けとやらの詳細も年内にはお話できるかと思います。

いやー…直江さんとサシで何かするの夢だったんですよね。
いやはや、超嬉しいです。

友人がレビューを書いて下さいました。
こちらも超嬉しいです。

https://www.facebook.com/akinori.okamura.3/posts/3142061239217050

私、中村修人のBandcamp(音源販売サイト)がオープン。新作もあります。

f:id:nakamurasyuto:20200629160302j:plain
f:id:nakamurasyuto:20200627232406p:plain

nakamurasyuto.bandcamp.com

中村屋、営業開始】

音源販売サイトを作りました。
何か買って下さい。頼むから。
支払いはクレジットカード及びPayPalにのみ対応しています。


前のブログにて“自分がメンバーとして深く関わったバンドの音源作品はひとつのサイトにまとめて一括管理し、無料配信にしていた作品は今後可能な範囲でマネタイズしていきたい”と書きましたが、それが完了しました。
これでusual nameやらTwitter Accountやら火重-koe-やらの音源を同列に並べ、値段を付けてDL販売できるようになりました。

しかし一度は無料配信してしまった作品を改めて買ってくれと叫ぶ勇気は俺になく…。
音質向上を図って旧譜をリマスターしたりボーナストラックをこさえたりしようと決めてからは地獄の作業量で日々精神が摩耗していきましたとさ。
へっとへと。

具体的には吉川真登くんとの共作「Kaleidoscope for a stray」や、リマスターを施したusual nameのベスト版「AMAKUCHI!」「KARAKUCHI!!」「GEKIKARA!!!」にはボーナストラックとして新曲が追加収録されています。
Twitter Accountの「Love me!」と「Blue Sky」はボーナストラックこそありませんが、イチからミックスし直しまして以前よりも音が立体的です。
火重-koe-の「記録」は購入特典としてドラムのみのトラックが付属します。

【新作「Crack」と「0,2」】

過去作品をまとめただけじゃありません。
このBandcampのオープンと同時にしれっと二作品、新譜をリリースしました。
ひとつはusual nameから「Crack」。
usual nameが俺のソロになってから初のアルバムですがいかがでしょうか。

もうひとつはポーランドのギタリストzbyszek reszka氏との共作「0,2」です。
外出自粛期間の最中に突然「お前が無料で配布してるドラムソロ素材あるだろ?それに俺のギターを勝手にぶちこんでみたからお前に送るわ!ポーランドから愛を込めて!」ってメールが来たんですよ。
驚き半分に嬉しさ半分で「あざっす!じゃあ俺は外出できるようになったら新しくドラム叩いてくるからそれにもギター入れてくれ!リリースもしちゃおうぜ!」と提案。
結果できたのがこちらです。

因みに上記の「無料配布しているドラム音源にギターぶちこんでみた」は「0,1」というタイトルでreszka氏のBandcampから配信されています。

ぶちこまれてしまった無料ドラムソロ素材はこちら。
こちらは引き続き無料です。

ジャケのモノクロ率の高さ。

【というわけで】

とってもいろいろと頑張ったので何か買って下さい。
よろしくお願い致します。

nakamurasyuto.bandcamp.com

次はANTのアルバムを出す予定。
まだ先ですが。

 

疲れたのでアカウントを整理してるって話と最近公開された諸々について。

【疲れたからアカウント削除】

何と言いますか…情けないことにいろいろと疲れてきちゃいまして。
少しでも煩わしいことを減らしたく思い、日々動いてます。
生活面では口座や持ち物の、音楽面では諸々のアカウントを整理中です。
具体的に言いますと「今まで新しいバンドを組む度に新規で取得していたBandcampやSound CloudやTumblrのアカウントを削除し、全て私個人のアカウントに統合している最中」です。
管理しているアカウントやSNSが多ければ多いほどストレスじゃありません?
なので今、usual nameはhomepageのみ、火重-koe-とTwitter Accountに関しては何のアカウントもありません。
usual nameのサイトも消去を検討中です。

usualname.com
私個人のBandcampは現在鋭意準備中。
Bonus Trackを新たに追加収録するか、もしくは全面的にMIXし直して音質を向上させるなどして、旧作には何らかの強化を施している一方、新作のリリースもあります。
オープンはどんなに遅くとも7月中には。
※現在の様子↓

f:id:nakamurasyuto:20200608131343p:plain
加えて今後、問題のない作品は有料DLにします。
まあ、だからこそ旧作の内容を強化しているんですけどね。
一度は無償で手に入れたお客様にも、あわよくばご購入頂きたく。

これまでusual nameの作品は「こういうことができるから俺に仕事くれ!」と言うための名刺のようなものだと、だから名刺にカネは払わせられないと、そう過去ブログにも書いたんですけど、申し訳ねぇ!
作品がカネにならないことにも疲れてしまいました。
割りと背伸びしてカネと時間掛けて作ったのにビタイチ回収できないってのは…流石にちょっとね。
以前よりも貧乏ですし。
それに最近は作曲や演奏よりMIXの仕事の方がよっぽど多くて、もうそっちに舵切った方がいいんかなと思ったりしてます。

そして最近は煩わしいことを減らすために頑張っていること自体に疲れ気味。
もうどうにもなりませんね、こりゃ。

【関わった映像作品】

全曲じゃありませんが、ほぼusual nameの既発表曲がBGMのグロ系短編映像作品。
監督はBeyond The Redでも御世話になりました佐々木勝巳さん。
過去に上映会が行われましたが、この度youtubeにて無償公開が開始となりました。
めでたい。


音楽、演奏、録音を担当しました菱沼康介監督の「一生で一番長い九分」(出演:米山穂香・温)が「夜空と交差する森の映画祭2020」にて再び上映されるそうです。
forest-movie-festival.jp

ショートフィルムナイト「一般映画部門③」
7/26(日)20:00~21:30
今年はオンラインでの開催になります。
※チケットは6/26まで発売

【ANTの新曲公開】

秘密列車の青木雄介さんと高松憲司さんと組んでいるバンド「ANT」が新曲を公開。
結成の経緯は下記ブログを是非。

 
作詞曲:青木雄介 / 動画編集:高松憲司


作詞曲:中村修人 / 動画編集:高松憲司

ラゴン、めっちゃカッコ良くて大好きな曲です。
これで公開された楽曲は4曲になりましたね。
しかしこれらは動画用のShort Editなので、アルバムではもっと長く更に凝った編曲とMIXでお目見えします、多分。

ほいでは、また。

近況と最近よく聴いてる10曲(2020年5月)

f:id:nakamurasyuto:20200524010026j:plain

【最悪コンピに参加】

正式名称は「不愉快すぎる音階、不愉快すぎるメロディ、音も最悪コンピ」でして、髪子/芳尾日リオさんが主宰されました。
大ボリュームの全69曲5枚組、無料、bandcampにて5月19日にリリース。
素晴らしいコンセプトは髪子さんのブログに掲載されています。

結構話題になっているそうで、音楽ナタリーyahooニュースにまで掲載されました。
“音楽性やクオリティは問わない何でもOK”系のコンピは今までもたくさんありましたが、ここまでの盛り上がりを見せるのは相当珍しいことだと思います。
髪子さん、スゴイな。

・プレビュー動画↓


・DLはこちらから↓(無料)

・これが俺の参加曲

タイトルから想定して、もっと(良い意味で)ゴミ同然のコンピになるだろうと予想も期待もしていたのですが、蓋を開けてみれば斬新でこそあれど決して勢いだけではない丁寧な楽曲揃いで「なんだとぉ…」と思いました。
音楽か疑わしい方面の楽曲をノリノリで提出してしまった自分が恥ずかしい…。

【K.F.A.SをYoutubeでも公開】

吉川真登くんと共作したKaleidoscope for a strayをYoutubeでもフル公開しました。


bandcampでは現在も無料でDLできますので是非。

作品の詳細は下記ブログにて。

 

【Supersonal Recordsから新作リリース】

俺のやっている風変わりなネットレーベル「Supersonal Records」、略してスパソナから新作が出ました。
知人用さんによる「東京に水」というアグレッシブなフリーインプロです。
是非とも下記リンクからbandcampに移動して頂き、楽曲だけでなくその制作理由も読んでお楽しみ下さい。

楽曲は現在もバリバリ募集中!
要項やコンセプトは下記をお読み下さい。

これでリリース18作目。
20作目がリリースされる際には何か企画を組もうと思っています。

【usual name新曲「Meat Box」】

上記スパソナのリリースアーティスト「自失ナイフ 」と「Ayuwringal」の楽曲を大々的にサンプリングし、新曲を作らせて頂きました。
ローファイでグッチャグチャ、個人的な趣味モロ出しのアグレッシブなヤツです。

MUSIC by 中村修人 , 自失ナイフ

・Guest
Guitar,Synth : 自失ナイフ
Noise : Ayuwringal
Noise : JT00001

・Sampling from…
自失ナイフ / 暗鬼,古びたラジオ
Ayuwringal / 刺身改
Twitter Account / Get

関わって下さった皆様、誠にありがとうございます。
物凄く気に入っている曲なので絶対に次のアルバムに入れます。

 

【その他進行中のこと】

ポーランドのギタリストと共作中
・月末にANTの新曲公開予定
・3件ほどミックスの案件進行中
WAVES SSL COLLECTIONを買うか否か悩む日々

正直に言っちゃえばコロナで企業系のお仕事が落ち着いちゃってるから、自分の音楽をガンガン作ったり発表したり突き詰めたりしています。
このまま収束すればいいんですがね、どうなりますやら。

【最近よく聴いてる10曲】