The 迷子の極み (中村修人のブログ)

ボケ防止に、駄文をこさえる

現実逃避の手慰みから癲癇の発作まで…珍ネットレーベル「Supersonal Records」本日三周年!

私、ネットレーベルやってます。
名をSupersonal Recordsと申します。
“Super”は日本語で“超”、
“Personal”は日本語で“個人的な”、
合わせましたら言わずもがな、
超個人的な音源しかリリースしない、
俺が細々とやってる珍ネットレーベルです。
全作品無料!!

そもそも超個人的な音源とはなんぞ?

要は“他人に聴かせる予定のなかった音源データ”を
恥ずかしさを超えてリリースしちゃいましょうよってことです。
詳しいことは下記のサイトで是非。

最新作がレーベル主宰である私のノイズアルバムだという、
独特のカッコ悪さは棚に上げて頂きまして…
いやはやビックリ、もう三周年。
Tumblrから「おめでとう!」ってメール来て知りました。
時の流れは早くて残酷。

何作かご紹介

有名でも、多作でも、
利益を生んでいるわけでも一切ない当レーベルですが、
何が面白いって、他人の“心の闇”が集まってくるところです。
例えば…

この御方は、ひきこもりでメンバーの当てがなかったため、
自分の創作キャラにバンドを組ませています。
続きまして…

この御方は、本来作らなければならなかった曲が進まず、
手慰みにシンセをいじっていて偶然録れた音源をお送り下さいました。
そして極めつけは…

この御方は、迫り来る癲癇の発作をなんとか抑えようとし、
その手段として何故か歌うことを選択し、
そして何故かそれを録音して、
何故か私にお送り下さいました。

もうね、皆さん、最高です。
明言しときますけど、茶化してませんからね。
本当に、最高です。

それのどこがどう最高なんだ?

例えどんなに短文であろうとも、
ここには、その曲を生み出さざるを得なかった
業の深いドラマ込みで音源が送られてくるのです。
プロジェクトXで感動するのって、
誰かが苦労したバックグラウンドが見えるからでしょう?
同じことじゃありませんか。

しかも、ソロ音源以外は受け付けていないので、
徹底的に個人による個人のための物語なんです。
本来であれば、胸の内にしまわれてしまうはずの悶々が、
たまたま“音楽”という形を持ったために、
個人の枠組みを超えてネットにアップロードされ、
パブリックなデータになるなんて、
どうやって感動しないことができましょうか。
皆さんもそう思うでしょう?

はい、というわけで三周年記念記事でした。
これからも、このキ〇ガイが細々やっていきますので
何卒ご贔屓によろしくお願い致します。
皆さんも作品がありましたら是非お送り下さいませ。

Supersonal Records (音源募集中)