The 迷子の極み (中村修人のブログ)

ボケ防止に、駄文をこさえる

歪みベースでインダストリアルな新バンド「Twitter Account」始めました。1st「Love me!」配信開始。


はい、こういうバンド、始めました。
インダストリアルロックですかね。

楽曲提供業務から離れてのバンド活動というと、
今までずっとドラムの担当でしたが、
ここではベースとボーカルです。
叫んでばかりですけど。
作詞作曲もやりました。
楽曲は“ド”シンプルですけど。

メンバーは俺と松木晃大くんの2人だけ。
松木くんはButterfly Of Ruinsというバンドで
ギターを弾いていますがこちらではボーカル担当。
シャウトが滅茶苦茶上手い粋な男です。

Butterfly Of Ruins


結成の経緯は今現在、メインサイト扱いのTumblrに書きました。
使用機材も載せてます。
ご興味がお有りの方は是非ご訪問下さい。

https://twitteraccountband.tumblr.com/
因みに、ベースは3台のアンプで同時に出せるよう、
足元を組んでいます。

私、小さな夢がありまして、それは
「ビートを作る役でなく、ビートに合わせて演奏してみたい」
というものでした。
ビート、つまりノリを作るドラムというパートは、
バンド全体のクオリティに大きく関わるので、
重責過ぎて時々とてもイヤになるんですよね。
結果、ここ数年間、
10年以上やっていたドラムから距離を置いていますし。

それと「大声で力の限り叫びたい」という夢も。
usual nameの活動の中で、声素材のために
スタジオで絶叫する機会がありまして、
その日からしばらく体が軽くなったんですよ。
名俳優である西田敏行さんもアウトレイジの撮影で大声出しまくったら、
体調がすこぶる良くなったと言ってたっけ。
なので、シャウトできるバンドがあれば、
毎日の気分がもう少しだけ楽にならんだろうか、と。

そして、ベースを弾くこと、
爆音でノイズを出すこと、
硬派に楽曲をまとめること、
メンバーが二人だけのバンドを組むこと、
これら全部が昔から大好きなので、
それなら、松木くんにご協力頂いて、
端から全部やってしまおうとなったのでした。

とは言っても、この音楽性に固まるまで
けっこう紆余曲折ありました。
あーでもねー、こーでもねーと、
半年以上かけて調整に調整を繰り返しました。
最初の頃は松木くんもギター弾く予定でしたし、
俺も曲に説得力が持たせられないなら、
やっぱりベースやめてドラムやるべきかなと悩んだり。
ミックスも散々苦労しました。
録音は即終了でしたが、その後がね…。
良い仕上がりと自信が持てるまで、
近しい友人達に聴き込んで頂き、
どうにか納得いく形でまとまりました。
ご協力頂いた皆様、誠にありがとうございました。

記事冒頭に貼ったyoutubeでの音源、
Bandcampにて販売しています。
お値段1000円。

Sound cloudもあります。
良かったらフォロー、よろしくお願いします。


はい、というわけで、
Twitter Account、以後お見知りおきを。